器用より不器用

不器用を武器にして

(1)地道な努力は必ず成功に結びつく。
(2)時間がかかった分だけ、本質を見つめられる。
(3)不器用は夢を達成させる武器である!

不器用だから自己否定?

不器用だから仕事をすれば人一倍時間がかかってしまうし、人とのおつきあいもタイミングをはずしてしまいがち。そのせいで「KY」なんて言われてしまうことも。人一倍頑張っているつもりなのにどうして成果があがらないのか。そんな自分にすっかり自信を失くし、自己否定しているということはありませんか?ひとり鬱々としていてもなにも解決しません。考え方をちょっと変えてみましょうか。

たとえば、仕事が合っていないからと次々に新しい職場を探して転職を繰り返してみても、あなた自身が変わっていなければ同じことを繰り返すだけになるのではありませんか?スピリチュアルに潜んでいるマイナスの波動が必ず働いてしまいます。対人関係でも、失敗すると思い込んでいるあなたの気持ちを変えないかぎり、人が離れてしまうのは当然なのではないでしょうか。スピリチュアルメッセージというのは、言葉を交わさなくとも相手に通じてしまうのです。気が合わないという言葉がありますが、まさに相反する「気」を感じてしまうのです。


不器用を武器に変えて!

人間は失敗を重ねながら成長しています。不器用な自分に気づいているなら、その不器用とうまくつきあう方法を考えてみましょう。不器用だから失敗すると考えているのだとしたら、それはあなたの「逃げ」にすぎません。私の友人は人一倍不器用な人なのですが、そうしたハンディを乗り越えるバイタリティを持った努力家です。不器用な分、人の何倍も勉強して努力を積み上げて、難関であるT大学の法学部に見事合格しました。友人は不器用ということを逆手に取り、人生を変える武器にしてしまったのです。

これまでの狭量な自分の視野を捨て去り、高いところから大局的に自分を見つめる習慣をつけてください。成果を出さない自分に縮こまってしまうのではなく、成果が出せる自分を信じましょう。不器用であることをマイナスと捉えてはいけません。時間がかかっても、最終的に何ができたかが一番大切なことなのです。人間関係も器用に振舞わなければいけないと考えるのではなく、ありのまま、不器用なままの自分をさらけ出しておつきあいをしていきましょう。信頼関係というのは時間をかけて築くもの、器用なことでかえって胡散臭く感じられ、信用を失くすこともあるのです。


「自己否定」はスピリチュアルな力を弱めてしまいますから絶対にしてはいけません。不器用で人一倍時間がかかったとしても、世の中結果がすべてなのです。やり遂げることで信頼を得ることができるのです。地道にコツコツと成し遂げたことで、周囲からあなたが賞賛されるという、そういうイメージをしっかり持って努力してみてください。


QLOOK ANALYTICS