他人の評価でみる自分

他人の評価が気になる

(1)自分の価値観に自信を持ちましょう
(2)他人の評価に左右されてはいけません
(3)自分を信じることで困難は乗り切れます

他人の評価が気にかかる

自分に自信が持てず、なにをやっても人より劣っていると思い込み、これまでの実績さえ否定してしまうというあなた。「自分」がかわいそうだとは思いませんか?自信がないとか、人より劣っているという思い込みは、他人の目や他人の評価だけを気にして行動しているから。自分の価値観で行動することができないでいるのです。

人の数だけいろいろな評価があるのですから、他人の評価をいちいち気にしていてもきりがありません。人がどう思うかではなく、自分なりにどこまでできたかを、あなた自身の考えで客観的に評価してゆけばよいのです。自分を信じ、肯定することができるようになれば、他人の評価など気にならなくなりますよ。


自分を見失っている?

他人に評価してもらいたいと思う気持ち、そして他人に評価されるということは、向上心を刺激して時に思いもかけない成果を生み出すことがありますが、評価を気にしすぎれば、評価されなかった時に、必要以上に自分を否定をしてしまうことにもなりかねません。他人の目、他人の評価の中だけで生きているのは、自分のためではなく、他人のために生きているのも同然。自分を見失ってしまっているのです。


自分を正しく評価しましょう

あなたを支えることができるのは、あなただけ。生きてゆく上で一番大切なのは、自分を信じること、自分を褒めてあげることです。自分を向上させたいと思うなら、自分を思い切り褒めてあげましょう。

最大の問題は自分の中にある」ということを知り、その部分にしっかり触れることが大切なのです人の評価を気にせず、自分の決断に自信を持ち、直感に従って行動できれば、変わることができます。人自分を正しく評価してください。必ず成果をあげることができると、強く信じてください。


自分を他人がどう評価しているだけが気になる。価値観はいろいろなのですから、自分に自信を持ちましょう。


QLOOK ANALYTICS