タイムマネジメントで仕事を管理し自由な時間を作り出す

時間がない?

(1)タイムマネジメントで仕事も趣味も
(2)成功する人は睡眠時間が短い
(3)時間は自分で作るもの

時間がない!

毎日仕事に追われていて息が詰まりそう、自由になる時間がまったくないので生活を楽しむ余裕もない・・・。仕事に追われるとついついそんな愚痴が口をつくようになります。でも、自分の時間がないってほんとうですか?

時間がないと言っている人たちの生活を改めて観察してみると、一日の中に無駄な時間が結構あって、タイムマネジメント(時間管理)が下手な印象があります。忙しいと言っている人の中には、自分の要領の悪さを、忙しいという言葉で誤魔化してしまっているケースもあります。無駄な時間を省くことができれば、そのことによってできた時間をどんどん貯金して、最終的にまとまった時間となって自分のために使うことができるのですが、そのことに気がつかないようです。仕事と趣味を両立させることも夢ではありません。5分でも10分でも自由になる時間を作り出す、そのための技術がタイムマネジメントなのです


どうやって時間を作るか

忙しい人は、うかうかしていると自分の人生を仕事のためにだけ使っておしまい・・・なんていうことにもなりかねません。人生の質を上げるには、仕事ばかりではなく人生を楽しむことが重要な鍵になってきます。仕事のための人生ではなく、自分のための人生にしたいのであれば、時間の管理の仕方をしっかり身に着けましょう。タイムマネジメントは、自分の生活習慣の癖を把握し、軌道修正して余暇を生み出すことを可能にします。効率的な時間配分で人生を過ごすことができるのです。

たとえば、1日1時間早起きすれば、1ヶ月でなんと30時間もの自由な時間を手に入れることができるのです。世界的な経営コンサルタントである大前研一さんは、毎日4、5時間の睡眠で精力的に仕事をこなしていますが、 睡眠時間を短縮するのは仕事のためだけではありません。趣味を思う存分楽しむためでもあるのです。成功している人は往々にして睡眠時間が短いようですが、それを辛いことだと思っている様子がないのは、そのことで浮いた時間をしっかり自分のために使っているからなのでしょう。


タイムマネジメントしてみましょう!

睡眠時間には個人差がありますから、短い時間でも平気な人と長めに寝ないと仕事の効率があがらないという人がいます。また、あまり極端に睡眠時間を減らしてしまうと健康に悪影響を及ぼすこともありますから、睡眠時間削減で自分の時間を作ろうと思うなら、自分の体としっかり相談をしながら、無理のない範囲で時間を作らなければなりません。それもタイムマネジメントのひとつと言えるでしょう。

睡眠時間だけは譲れない・・・というのであれば、仕事の効率をあげることを考えれば良いのです。勝ち癖のある投資家というのは、3時間の仕事を1時間で終わらせ、余った2時間を投資の勉強の時間に当てるのだそうです。ところが負け癖のある投資家は、3時間どころか4時間かかっても仕事を終わらせることができず、結局、巻き返しを計ることが不可能になってしまうのです。

タイムマネジメントをしっかり行えるかどうかで、人生を3倍楽しめるか、3分の1の楽しみに終わってしまうかが決まるのです。


時間がないといつも嘆いているあなた。合理的な時間の使い方をしていますか?睡眠時間を少しだけ減らし、時間を貯金していけば自由な時間を確保するも可能です。睡眠時間だけは譲れないというタイプなら、一日の自分の行動を記録し、無駄な時間をなくす努力をしてみましょう。タイムマネジメント能力が身につけば、どんなに忙しくても自分の時間を捻出することが可能になります。仕事も趣味も両立させて、充実した人生を送りましょう!


QLOOK ANALYTICS