人生の四季を美しく生きる

人生の四季を生きる

(1)メイクアップが積極的にさせることも
(2)自然の美しさを誇りましょう
(3)人生の四季それぞれを美しく生きましょう

鏡を見たくない・・・

鏡を見るのがとても憂鬱というあなた。疲れきった精細のない顔、暗い表情、しわやしみが浮き出ている素顔・・・。活き活きとしていたあの頃の自分に戻りたい!美しくなりたい、美しく見せたいという心の底には、人に注目してもらいたい、評価してもらいたい、認めてもらいたいという心理が働いています。

メイクアップで欠点を上手にカバーすれば、自分の中から元気が引き出されて自信が生まれ、積極的になることができます。軽い躁うつ病も、メイクアップで改善されることがあるそうですから、外見が内面に及ぼす影響は計り知れません。


ありのままの美しさ

キレイになれば心も元気になりますが、でも、だからといって整形手術までして、きれいになるというのもちょっと・・・。それよりも、自然の美しさを取り戻すこと、本来の美しさを認めることが一番の自信につながるのです。

シワの一本一本、しみの一つ一つに人生の経験が積み重なっているのですから、これをすべて否定してしまうというのは、自分のこれまでの人生を否定してしまうことにもなりかねません。過剰な美の追求は自己否定にもつながってしまうのです。


人生の四季を楽しむ

季節には四季があり、四季の移り変わりごとに別の美しさに包まれます。人生もあるがまま、年齢に見合った美しさこそが本当の美なのです。お化粧をしたりお洒落をしたりすることは、美しくなるための手段ですが、それが年齢への抵抗であったり、自分の本来の姿を拒否することにつながってしまうのだとしたら、ちょっと悲しいですよね。

一生懸命に人生を歩いてゆこうとする姿勢と歩いて生きた自負、それが人を美しく見せるのではないでしょうか。


自分の美しさに自信がなくなってしまったというあなた。人間にも四季があるのです。四季の移り変わりゆく自然を美しく生きましょう。


QLOOK ANALYTICS