リサイクルを購入する時には気を感じ取ること

リサイクルにご注意

(1)リサイクル商品には前の持ち主の気が残っている
(2)直感を働かせて商品の「気」を見ましょう
(3)新しいことを始める時には新品を!

前の所有者の気が

環境問題への関心が高まっているせいもあって、最近はリサイクル商品を扱うお店がずいぶん増えてきました。あるチェーン店に行ってみたところ、お洒落な若者がたくさんいるので驚きました。若者にはリサイクルに対する抵抗があまりないということと、見る目さえあればデパートなどの何十分の一の値段で掘り出し物を手に入れることができますから、とても魅力的ですし、かつ経済的なところが魅力なのでしょう。


リサイクル商品の気

まだまだ着られる洋服や走ってくれそうな車、十分に美しい住まいなどを手放す時には、それらを必要とする人に譲ることで、まだまだ活躍してくれます。ただし買う側は注意が必要ですね。リサイクルで買ってきた服を着るとなぜか気持ちが重くなってしまうとか、リサイクルの家具を購入してからというもの、どうもいいことがない・・・といったことがあるからです。中古品には、どうしても前の所有者の思い入れや気が残っていますから、どうしてもその気を引きずってしまうのです。所有者が変わっても「気」というのは簡単に変わりませんから、この洋服を着るとなんだか気が沈んでしまうとか、反対にこの洋服を着るといつも楽しくなるということが起こるのです。

リサイクルを利用する時には勘を研ぎ澄ませ、どのような気がその商品に宿っているか、しっかり感じ取らなければいけません。一見難しそうに感じますが、実は難しいことではないのです。直感を働かせればいいのです。商品を目にした時、あるいは触ってみた時に嫌な感じがしたり暗い感じがしたり陰気な印象を受けるようなら、その商品にはマイナスのエネルギーが宿っています。少しでも迷いを感じたら絶対に買ってはいけません。


新品には強いエネルギーがある

あまりに着古されていたり使い古されているものは、前の持ち主が誰であったかに関係なく、モノそのもののエネルギーが弱ってしまっていますから、避けたほうが無難です。また、就職試験などのような勝負事や、新しいことをはじめるといった時には、プラスのエネルギーが宿っている新品を購入することを強くお勧めします。特にお財布は、古くなってしまうとお金を呼び寄せる力がなくなってしまいます。お財布はなるべく新しいものを購入してください。

また、自分自身のエネルギーが不足していると感じる時や、暗い気持ち、悲しい気持ち、運気が下がっている時などは、どうしても同じような気を持った商品を引き寄せ、購入してしまうことになりがちですから、リサイクル商品の購入は見合わせましょう。


リサイクル商品は、どんなに綺麗なものであっても前の持ち主の気が残っていますから、商品の気とエネルギーをしっかりと感じ取り、商品の良し悪しを見極めることが大切です。手に取ってなんとなく嫌な感じがしたり、見た瞬間に陰気な感じがするものは絶対に購入してはいけません。反対に明るい印象のあるものや、手に取った時にプラスのエネルギーが感じられるものであれば迷わず購入してよいでしょう。体調の悪い時には気を感じる力がありませんから、購入は控えましょう。


QLOOK ANALYTICS